2017-09

割り込みはみんなの迷惑です

 火曜日は役所の「外国人課」?に出かけていた黒猫一家の母。

 ただいまポーランド、すごい数のウクライナ人が外国人課になだれ込んでおりましてそもそも書類提出の予約を取れないという状態がここ1~2年続いておりました。さすがにこれだと手続きを全くできない人が続出する?のがわかったのか、ある時期から予約がなくても朝予約カードを取れば当日に予約が取れるようになったのですが、この場合は日本の病院のようにいったい何時に自分の番が回ってくるのかさっぱりわからない。涙

 書類提出、、、といっても、母はすでに永住許可カードを持っているので(でも10年毎の更新義務があるのよ)特別に用意する書類も住民票だけで、さらに運よく予約が取れていたので時間もそれほどかからずに提出できましたの。

 で、約2週間後の火曜日はカードの引き取り、、、だから別枠ですぐ呼ばれてカードをもらえるだろうなんて思った私、ポーランド生活の修行が足りませんでしたね。

 カード引取りや不足分の書類を足す列と、はじめからの書類申請の列は別のはずなのに、すでに列は一本化。さらに朝の7時40分にチケットを取ったのに私の前にはすでに12人。

 自分の番号が電灯掲示板にでたら、窓口に行くのですが全体の窓口の数は30近く。でも外国人を扱うのは4窓口。だから掲示板はピコピコ番号が変わるけど、私が目指す外国人窓口は数字が変わらず。

 2時間~2時間半過ぎにようやく母の番号が出て、ウキウキ(!)と窓口の部屋に出向いたら、あれ?ウクライナ人の夫婦が席に滑り込んじゃった。

 「へ?」

 そして堂々と書類を広げ始めてるじゃないですか。

 ちょっと唖然の母。

 窓口の女性 「番号札見せてください」

 夫婦 「書類はこれで・・・」

 窓口の女性 「番号札を確認させてください」

 押し問答が始まるし。

 母は斜め後ろで自分のカードを見せ口パクで「私がその番号・・・・」とやるとこの夫婦も番号札をとりだし、、、ん?ちょっと!あんたたち!まだまだ待つ番号じゃない!

 窓口の女性 「あなたたち、ぜんぜん違う番号じゃない!いま手続きするのは、(母を指して)こちらの女性。みんな待っているんだから自分の番号でお待ちください!!!」と声のトーンがボリュームアップ。

 と、この夫婦を部屋から追い出し、隣の別の係の女性と「みんな待ってるのになんなのよね。ああやって割り込みしようとするのが後を絶たないから時間がかかるのよ」とな。

 そうか、今のははじめてじゃないんだ。

 よくあるシーンなんだ。苦笑

 やめてよ、みんなの迷惑だから。

 ようやく席に着き、再び指紋確認してパスポート確認してようやくカードを受け取りました。

 ああ、これで10年は安泰?のはず。

お一人様のリリットさん、誰にも割り込まれる心配はなし・・・(いまのところ、ね)
o7FMDuSGHRqmmcD1505898431_1505898459.jpg




黒猫ブログと東欧・中欧情報ブログに参加しています。更新の励みになるのでクリック!クリック!お願いします。
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ポーランド - ジャンル:海外情報

そこのけ そこのけ 猫救急車 走る 


 日曜日の夜遅く、ボラ仲間から連絡が入った母。このボラさんは乳幼児を抱えているので、平日はボラ活動ができないけど週末になると1日御主人に子供を預けてシェルターにやってきます。(エラすぎだわ、、、)

 で、彼女から黒猫坊主たちの様子がおかしいとコメントが。さらに、ボラ長からほかの様子のおかしい猫も手分けして病院に運ぶけど黒猫坊主たちを運べるかという連絡が入りました。

 ということで月曜日は朝からシェルターに向かい黒猫坊主たちを籠にいれてって、、、この坊主たちをつかむのが一苦労だろうなと思っていたのですが、よっぽど調子が悪いらしくすぐ捕まえられる状態。

どこからどう見ても調子の悪そうなディミィ。
DSC00429.jpg


 そしてほかの猫を詰め込んだ車と連れ立って、お世話になっている動物病院についたら待合室はすごい患畜の数。

 月曜日というのを忘れていた。汗 月曜というのは人間の病院も動物の病院も混んでいるんですね。

 結局午前中いっぱい過ごすこととなり、最終的に黒猫坊主たちはシェルターの暖房部屋のほうに移されました。

 本日は母の当番日だったので再び夕方シェルターを訪れ黒猫坊主たちに我が家で食べていた値段の相当張る(!)イイえさを与えたら坊主たちの食らいつき方はなかなか好調。更に匂いにつられてほかの猫たちが寄って来る寄って来る。苦笑 
 やっぱり、値段と品質の相関性はあるんだ、と妙に感じ入ったひと時でした。


ということで忙しい幕開けの月曜日。明日も別件で忙しいんだな。。。明後日もそうなんだな。。。私も体力勝負の一週間となりそうです。

楽しげに遊んでいる猫を見てるだけで癒されるわ・・・。
DSC00441.jpg





黒猫ブログと東欧・中欧情報ブログに参加しています。更新の励みになるのでクリック!クリック!お願いします。
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

テーマ: - ジャンル:ペット

中世のパン作りに挑戦

いや、タイトルの中世はおおげさかしら。でもイースト菌を使わない、ポーランドでは伝統的なサワードウ(パン種)でパンを焼こうと思いついたのは夏の初め。エコ・ショップでよく売られているのですが、どうせなら焼きたてが食べたいということで自分で焼こうと思っていたのよね。

そして今は秋の初め。計画自体もよく発酵したので重い腰(重いのは腰だけじゃぁない)をようやくあげてみました。苦笑

だって、このパンの種を作るのに5日間かかるんですもの!使用するのはライ麦と水だけなのですが5日間って、どうよ。

こちらが5日間育てたパン種。ふちが緑なのは、カビではなく被せていた布巾が緑だったのよ。汗
FAbwlOUgus40LRT1505581544_1505581571.jpg


 1日2回、朝9時と夜9時にパン種さんと対面して混ぜる必要があります。別に9時じゃなくても、12時間の間隔をあければいいのですが、これがまた5日間連発忘れずにやれ、といわれるとなかなか。←しつこい?

そして本日が5日目だったのですわ。これだけ待たされた焼き物は初めてだわ。一晩寝かすクッキー生地だってイライラする私が、よく我慢した。

 年の功かしらね。

まだ若いパン種なので、膨らむか心配だったのですがうん、なんとかパンと呼べるぐらいには膨らみました。

6HDzrcYoUF0gCGA1505581608_1505581641.jpg

 味のほうも、わずかに酸味が舌に残るのですが、焼きたてにバターを塗って頂くと、ああ幸せ。黒猫父は子供時代を思い出すとか。(母は子供時代に日本でそんなパンを食べたことないのでノスタルジーはありませんがね)

 パンの味にうるさい息子もゴーサインを出したので、しばらく母のパン種つくりとパン焼きは続きそうです。

今日は今シーズン初めて暖炉を焚くほど気温が落ちたのでパンを焼くにはいい季節となりました。

こちらは暖炉前でまったり中のリリットさん。
Sg_IGW2SyKO7EKL1505581656_1505581682.jpg







黒猫ブログと東欧・中欧情報ブログに参加しています。更新の励みになるのでクリック!クリック!お願いします。
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

テーマ:ポーランド - ジャンル:海外情報

見かけが命です

 先日、何かの記事で「人は見かけと声でほぼ90%相手を判断する」と読みました。

 ふむ、そうね、そうでしょうね。私だって、そうですもの。

 たとえば・・・道の向こうから髪のない人が歩いてくる。

 ジャケットやスーツなどを着ていたら「ふつうにハゲなんだな」という判断で私の行動に変化はなし。

 でも、その人がフーディや極右スローガンを書いたようなシャツを着ていたら道変えますよ。殴られたらいやだもん。

 あるときファッション界の人に記者が「でも人を見かけで判断しちゃいけないですよね、人間中身でしょ」といったそうです。
そうしたら、このファッション界の人は「だったらあなたの中身を今ここですぐ見せてくれ!『中身が大事だから見かけは重要じゃない』なんて自分が身なりに構わない言いわけをしてるだけだ」と言い放ったそうです。

 あ~耳が痛っ!笑

見かけが美人さんのため、勝手に家に入っても不審者扱いされないお友達。
FvU2ChJWTEPFZvB1505416463_1505416486.jpg

え?なんですか、リリットさん?

OKfbOa4Knx1tork1505416381_1505416445.jpg


・・・・う~ん、不吉だとか言われて追い出されないといいね・・・。(母には一番かわいい子なんだけどね ←親ばか)




黒猫ブログと東欧・中欧情報ブログに参加しています。更新の励みになるのでクリック!クリック!お願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

テーマ:ポーランド - ジャンル:海外情報

秘密の話、聞かせていただきます。

 ナデナデし隊ボラさん当番が週2回ある黒猫一家の母。ネコさんをなでる以外に、掃除や新たなボラさんに簡単な仕事の流れを見せることもあります。(ま~新人の私がやることなので、大雑把でございますがね)

 ここでネコさんとのふれあい以外にも、人間とのふれあいもかなりあります。場所の管理をしてくれている夫婦は二人暮らしなのでやっぱり話し相手がいると楽しい?らしく、母が仕事を始める前にかならず「ま、ちょっと座って話でも、ね」と話を始めます。苦笑

 いつものメンバーとも話をしながら、新しい人とも主に動物の話をしながら(一番安全なテーマですね、はい)活動しています。

 で、私自身は地雷を踏まないテーマ(動物や最近のニュース)を振るのですが、なんだか母に結構プライベートなことを話してくれる方もいます。だんなとの喧嘩の話を始めるボラさん、聞いてないのに自分の年金額をおしえてくれるおばあさんまでいます。

 そういえば昔は自分の息子の給料を私に言って「これってどうかしらね?」と聞いてくる散歩知り合いもいました。

 「どうかしらね?」って、どう答えればいいのよ。苦笑

 昔は「もしかして、私ってすごくいい人に見えるのかしら」とおこがましくも思ったりもしたのですが、最近は「もしかして、すごく数字に弱そうだからみんなベラベラ私に話してくれるのかしら」という思いに変わりました。

HktxZiU0aOnY9b71505237413_1505237491.jpg

ここで、はいはいと遊んでやる私。

ええ、計算に弱いのは事実でございますね・・・。





黒猫ブログと東欧・中欧情報ブログに参加しています。更新の励みになるのでクリック!クリック!お願いします。
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

テーマ:保護活動 - ジャンル:ペット

«  | ホーム |  »

プロフィール

黒猫一家の母

Author:黒猫一家の母
 ポーランド人の黒猫父と高校生の子供達、そしてシェルターから引き取った黒猫リリットと生活中。
 本職はライターです。執筆関連のご依頼はメールにてご連絡お願いします。ポートフォーリアが必要な場合もご連絡ください。「海外書き人クラブ」会員、「海外在住メディア広場」メンバー。



      ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

  ~最新の猫記事~

   「猫ぐらし」夏号
   07237-06-2017.jpg
ポーランドの「猫の日」をレポートしてます。

      ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    
    ~本・共著~

  「かわいい東欧の陶器」

000000041

  ■誠文堂新光社

  「値段から世界が見える」
   
pobrane (1)
    
■朝日新書

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
ネコグッズ (14)
黒猫さんの話 (9)
黒猫一家の本棚 (10)
黒猫一家の母のつぶやき (82)
ポーランドの猫ストーリー (14)
黒猫さんのエコ話 (12)
黒猫さんのボランティア (11)

最新コメント

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR